岐阜の相続はお任せください

相続トータルサポート@岐阜県

遺族年金の請求方法と期限を教えてもらえますか?

1 2種類の遺族年金

年金の被保険者または被保険者であった方が亡くなったときに,その方によって生計を維持されていた遺族が受けることができる遺族年金には2種類あります。

一つは,国民年金の被保険者等または老齢年金の受給者等が亡くなったときに支給される遺族基礎年金です。

もう一つは,会社員や公務員などの厚生年金加入者等が亡くなった時に支給される遺族厚生年金です。

亡くなった方の年金の加入状況によって,ご遺族にはこれらの年金を受け取ることができる可能性がありますが,受給できる要件は,以下のようにそれぞれ異なっておりますので注意が必要です。

2 受給するための要件

⑴ 遺族基礎年金については,「亡くなった方によって生計を維持されていた」「子のある配偶者」または「その子」が受給者となります。

よって,まずは受給者が亡くなった方によって生計を維持されていたといえる必要があります。

また,「子」というのは,18歳になってから初めて迎える3月31日を経過していない方,または,20歳未満で障害等級1級または2級の方を意味し,他の法律での「子」の意義とは異なります。

⑵ 遺族厚生年金については,「亡くなった方によって生計を維持されていた」「妻」や「子」や「孫」,「55歳以上の夫」「父母」「祖父母」が受給者となりますが,これらの方のすべてが受給者となるのではなく,実際の受給者となる方についての決め方があります。

3 遺族年金を請求する方法

遺族年金の支給を請求するには,それぞれの年金についての年金請求書を「年金事務所」または「街角の年金相談センター」に提出する必要があります。

また,戸籍謄本や収入が確認できる資料など,請求にあたって必要な書類がありますので,請求にあたってはこれらの書類をあらかじめ準備しなければなりません。

ここで紹介した受給要件以外にも細かな受給要件がありますので,ご自身が受給者にあたるかどうかをしっかりとご確認いただきたいと思います。

4 遺族年金を請求できる期限

この年金の受給権には,権利が発生してから5年間という消滅時効があります。

したがって,受給権のある方にはこの期限内に必ず請求手続きをしてください。

5 遺族年金の請求に関する相談

弁護士法人心では,相続に関するご相談を岐阜駅法律事務所でもお受けしております。

岐阜にお住まいの方で,遺族年金の請求についてお困りの方はご相談ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

スタッフ紹介へ

対応エリア