岐阜の『相続』はお任せください

相続トータルサポート@岐阜県

相続でもめないために対策しておくこと

  • 文責:所長 弁護士 古田裕佳
  • 最終更新日:2020年10月27日

1 なによりも遺言書を作成していくことが大事

岐阜の相続の案件で,私たちに相談にいらっしゃるケースをみていると,遺産を巡ってもめてしまっていることがよくあります。

このようなケースを担当するときに,「亡くなった方がしっかりと対策をしておいていただければ,このようにもめることもなかったのに」と思うことがしばしばです。

亡くなった方にとっては,「自分の家族が相続でもめることなんてない」とか,「相続のことはよく分からないから,後のことはすべてみんなで決めてほしい」といった気持ちから,なんらの相続対策もされていなかったのだと思います。

しかし,相続する側にとっても,遺産を分割する際に,どのような財産があるのか分からなかったり,疎遠な兄弟が含まれていたり,そもそもどのような基準で分割していけばよいのか悩んでしまったり,相続人それぞれの考えの違いから紛争に発展してしまうことも少なくありません。

亡くなった方が遺言書を作成しておいてさえいただければ,仮にベストな内容ではなかったにしろ,「亡くなった方の意思だから」といって,遺言に不満のある相続人も納得し,相続でもめないこともあるでしょう。

そのため,なによりも遺言書を作成しておくことが,相続でもめないようにするためには大事だといえます。

2 法律上の権利や万一の事態も踏まえた内容も大事

亡くなったときに自分の財産をどのように処分するかを決めるのが遺言ですから,その内容をどうするかは遺言者の自由であることは言うまでもありません。

遺言書は,その作成方法が法律上決まっていますから,その要件を満たすことは大前提ですが,相続でもめないという観点からは,その内容についても工夫をしてほしいと思います。

たとえば,相続人の一部には遺留分といって,遺言によっても奪われない権利があります。

遺留分についての権利も,あくまで相続人の権利なのですからこれを行使することも自由なはずなのですが,これを行使したことで,他の相続人から「亡くなった方の遺志に反するのか」という非難が出て,もめることがあります。

また,具体的な遺留分の額がいくらになるかが簡単に分からないケースもあるため,法的な紛争に発展することもあります。

そのため,この遺留分に配慮した遺言の内容にすることも,相続でもめないためには重要な場合があります。

また,他にも,相続財産を与える予定だった人が,遺言者よりも先に亡くなってしまうこともあり得ます。

この場合に,その相続させる予定だった方への財産は,遺言書では触れられていない財産になったり,当初の予定とはまったく違った内容の相続になったりしてしまうことがあり得ます。

これに備えて,遺言者よりも先,または,同時に,相続させる予定だった方が亡くなった場合には,その財産の新たな帰属先を予備的に決めておくことも大事だといえます。

これらのしっかりとした内容の遺言書を作成するためには,相続に強い専門家のアドバイスを受けた方がよいでしょう。

3 遺言書の作成方法

遺言書には,自筆による方法と公正証書による作成方法があります。

自筆による遺言書は気軽に作成できますし,公正証書を岐阜駅近くにある岐阜公証人合同役場などできちんと作成したいという方もいらっしゃるでしょう。

どの方法で作成するのかについても,それぞれにメリットとデメリットがあるため,それぞれの事情に合ったベストな方法を選択してほしいと思います。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

スタッフ紹介へ

対応エリア