岐阜の『相続』はお任せください

相続トータルサポート@岐阜県

相続税申告

1 相続税申告の概略と手順の説明

まず,最初に相続税申告をしなければならない場合と注意点について,説明をいたします。

相続税は,原則として,相続財産が基礎控除額(3000万円+600万円)を超えなければ,申告する必要がありません。

ただし,そもそも何が相続財産となるのか,課税財産の範囲はどこまでか,ということを検討する必要があります。

そして,申告が必要である可能性が高い場合には,いつまでに,どのようにして,相続税申告及び相続税の納付を納付するのかを説明いたします。

ご不安に思われること,そもそも何を質問していいのかわからないという場合には,お気軽にご相談ください。

丁寧にわかりやすく説明いたします。

2 相続税額のシミュレーションと税理士報酬の見積額の提示

相続人の方から,相続人の人数と相続財産の内容を聞き取りしましたら,それに基づき概算で相続税額を簡易診断させていただきます。

あくまで概算とはなりますが,相続税が一体どれだけ発生するのかわからず,不安を抱えている相続人の方も大体の目安が判明すれば,安心されることが多いです。

悩まずに,まずはご相談ください。

また,聞き取りした財産内容から税理士報酬の見積もりをいたします。

相談と見積もり自体に費用は発生しませんのでご安心ください。

お客様の相続に伴うご負担が少しでも軽くなるように,税理士費用は,業界最低水準を目指しております。

3 相続税申告に必要な資料の説明

相続税申告書には,相続税額算出の根拠となる資料を添付いたします。

添付する書類は,種類も多く一から相続人が調べるのは,困難ですし,時間もかかります。

ですので,添付する資料には何が必要なのかをわかりやすく説明し,書類取得のサポートもさせていただきます。

4 相続税申告書の提出と相続税の納付

収集した資料をもとに,相続税額の算出をして,相続税申告書を作成します。

さらに,納付書の作成を行います。

期限内に,税理士が相続税申告書を管轄税務署に提出し,相続人の方に金融機関等で相続税の納付をしていただくことで,相続税申告の一連の手続きは終了します。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ